[就活のヒント]自分に合った企業を見極めるための3つのアクション

就活のメソッド 就活
taka
taka

やる気1UPブロガーtakaです。

早稲田大学卒業後、大手IT企業に入社し新規事業企画を担当。やる気を1UPさせて、人生の勝ち組になるためのメソッドを紹介しています。

就活生
就活生

・自分に合った企業ってどんな企業?
・就活で企業のどこに注目すればいいの?
・どうすれば理想の企業に入社できるの?

これまでは学生として過ごしてきたのに、就活が始まるとそこは戦場。なかなか頼れる人もいなくて、不安になったり落ち込んだりしますよね。

・企業探しを始めても、結局どの企業が自分に合うかわからない。
・就活時の企業の印象と、入社後の企業の印象に大きなギャップが生まれないようにしたい

私の場合は、入社前と入社後に多少のギャップがあり、最初のうちは、思っていたことと異なることをやらざるを得ませんでした。

この記事では、そのような悩みを少しでも解決していきます。

入社前と入社後の企業のギャップを減らす「就活中にやるべき3つのアクション」

本記事では、就活生がなるべく自分に合った企業を見つけ、その企業に入れるようにするための心得と具体的なアクションについて、私の経験を基に書きました。

まずは企業分析の前に、就活生のタイプについて記載します。

「会社に入って何をしたいか」で分かれる就活生の2つのタイプ

分かれ道

就活を始める前にまずやるべきことについては、こちらの記事をご覧ください。

就活セミナーや合同説明会に参加すると、様々な企業があり、どの企業にエントリーすればいいか、結構悩みますよね。

「会社に入って何をするか」については、大きく以下の2パターンに分かれると思います。

①既にやりたいことがあり、会社に入ってもそれをやりたいタイプ
②やりたいことが定まっておらず、会社に入ってからやりたいことを探していくタイプ

①の場合は、業界や業種を絞り、ある程度方向性が定まった就活をすることになると思います。
②の場合は、自分の興味や就活セミナーで聞いた先輩社員の話などで業界を絞りつつ、就活をしていくことになると思います。

まずは、自分がどちらなのか、をなるべく早い段階で見極めることが重要です。早い段階で見極めることで、本当に入りたい企業の範囲を絞ることができます。

しかしながら、いずれの場合でも、「それが本当に自分に合った企業なのか」、「自分のやりたいことに本当に繋がるのか」は、なかなか分からず、入社してから自分と企業のギャップが見えてくることがあります。

入社前と入社後のギャップになりうる観点はいくつかあります。

①給料がイメージと違う
②やりたいことができない
③職場環境が悪い(人間関係、残業など)
④仕事・会社が自分に向いていない

これらのギャップを埋めるためには、まず企業の何を重視するか、を自分の中で明確にすることが大切です。そちらについては、こちらの記事をご覧ください。

就活生が気づかない企業の盲点

盲点

就活セミナー等で企業の方の話を聞いていると、企業の方々は、自社のことをとにかく良く言います。

それはもちろん、自分の企業にたくさんエントリーしてもらうために、アピールすることは当然です。言ってしまえば、「自社の悪い点については見せず、いいポイントのみ見せる」という、就活生が求める本質を隠したものになっています。

それが故に、それだけを見て入社してしまった方々は、入社前と入社後に企業のギャップに気づき、以下のような悩みを抱えることがあります。

新入社員
新入社員

・会社に行きたくない、辞めたい(転職したい)
・せっかく就職できた企業なので、親や周りに相談しづらい
・就活中に、ちゃんと企業のことが分かっていればよかった•••

一人悩んだり、落ち込んだり、すぐに転職してしまったりしてしまうことがあります。

就活中にやるべき3つのアクション

就活は、孤独での戦い。周りの就活生に助けを求めるわけにもいかず、むしろ周りの就活事情を知って、より一層焦ってしまいますよね。

僕も、就活期間中は、何も就活イベントがなく、買い物に出かけているときに、リクルートスーツを着た就活生を見ると、

「ヤバイ、周りは自分が何もしていない間も就活をしている、自分も就活イベントをもっと増やさなければ!」

といったように、勝手に焦って、自分のペースを乱すことがありました。それは、就活中にやるべきことが明確になっていなかったからです。むやみやたらに就活をするのではなく、就活手順ややるべきアクションをしっかりと押さえておくことが大切です。

では、就活中にやるべき3つのアクションについて紹介していきます。

①企業の口コミサイトをチェックする

企業研究をする際に参考となる、企業の口コミサイトがいくつかあります。もちろん、全てが正しいと言うわけでは無いですが、実際に自社の方が書いている場合もあり、まずはそこで企業の情報を集めることが、理想と現実のギャップを小さくする近道だと思います。

以下のような口コミサイトがあります。

①『カイシャの評判』


エン・ジャパンが運営している日本最大級の会社口コミサイト。実際にその会社に所属する人(とされる)の口コミが多数あり、しかも投稿された日時も新しく、一度対象となる業界や業種の企業を調べてみるのもいいかもしれないですね。

②みん就(みんなの就職活動日記)


楽天が運営している口コミ就活サイト。こちらは就活に特化した内容となっており、内定をもらった人の志望動機やどの企業が人気となっているか、などを見ることができます。

まずは情報を入手することが何よりも大事です。もちろんその情報が正しいかどうかは、他の情報を集め比較したり、実際に社員に聞くなどする必要があります。

まずは、自分から情報を取りに行くように心がける!

②就活イベントで、社員の方にバッドポイント(本音)を聞く

これが、僕が最もおすすめする就活のアクションです!

就活イベントでは、社員の方々はどうしても自社のバッドポイントを隠しがちです。
ですが、そこをあえて聞いてみましょう!

「入社前と入社後のギャップはありましたか?」
「ここを改善すると自社はもっと良くなると思う点はありますか?」
「こういう人はこの会社に向いていない、というのがあれば教えてください」

いずれも後ろ向きな質問ではありますが、自分に本当に合った企業を見極めるためには、社員の本音を聞き出すことはかなり重要です。もちろん、教えてくれない社員や、全然参考にならない話をいう社員もいるかもしれませんが、そこである程度フィルタリングできると思います。

③社員の方が言う「入社したら〜できます」をむやみに信じない

これも本当によくある話なんですが、自分のやりたいことが定まっている就活生は、自分が入社したらやりたいことができるか確かめるために、就活イベントで社員の方に

就活生
就活生

「入社したら〜をやってみたいと考えていますが、それはできますか?」

「残業が多すぎるとか人間関係が悪いとかは無さそうですか?」

と聞く人が本当に多いです!それは決して悪いことでは無いですが、それに対しての回答は、よほどのことが無い限り、社員の方はNoとは言わないはずです。

社員
社員

「全然できますよ!弊社はこう言った事業を行っていますし、ぜひうちに来てやってほしいです!」

「うちは社員が皆仲がいいですし、雰囲気もとてもいいです!」

などと、答える社員の方が多いのが実情だと思います。でもよくよく考えてみてください。

「比較的大きな企業であれば、やりたいことをやっている部署に配属されないとやりたいことはできない」
「人間関係何も無いわけがない、人数が増えれば増えるほど何かしら起こる可能性が高まる」
「残業の有無も部署によって異なる」

社員の方の表面的な言葉に惑わされてはいけません。むしろ気にすべきなのは、

「やりたいことをやっている部署には、何人中何人配属されるのか?」
「どういう性格の人がその企業に向いているか?」
「残業が多い部署はどんな部署か?」

などを見極めることが大切です。そのため、②で記載したように、自分が本当に知りたいことをしっかり考え、それに対し、社員の方が本音を言ってくれるような質問をしましょう。

また、難しい話ですが、

「就活生がやりたい思っていること≠対象企業がやっていること」

ということが生じる可能性があります。そちらについては、こちらの記事をご覧ください。

③社会人の先輩に、入社前と入社後のギャップを聞く

頼れる先輩がいる場合は、まずはその先輩に話を聞いてみましょう。業界や業種が違っても、同じように就活という場を経験し、さらには、先に社会人になっているため、入社後に気づくことや、就活中にこういうことをしておけばよかった、など色々な観点でのアドバイスがもらえるはずです。

色々な方の意見やアドバイスを聞くことはとても重要ですが、特に重要なのは、
「先輩方に、就活時と社会人になった今のギャップや、こうしておけばよかった、という後悔」
を聞くことです。順風満帆に行っている社会人もいるかもしれませんが、それは少数派だと思います。それを聞くことで、より自分の理想に近づけるようになると思います!

就活生に対するアドバイスはTwitterで随時配信していますので、お気軽にフォローいただければと思います。